サイト内のいろいろなページにアクセスしてもらうためのウェブ制作


ページにほかのページへの導線を設置することが重要

寝る暇を惜しんでウェブサイトを作ったのに特定のページにしかアクセスが集まらないという経験を持つ人は案外多いのではないでしょうか。すべてのページにまったくアクセスがないよりはましですが、アクセスが集まっているページはほとんど力を入れずに作り、そのほかのページに全力を投じたという場合、やはりがっかりしてしまうでしょう。こういうケースではウェブサイトに少し手を入れることで改善する可能性が出てきます。
まず、サイト内のいろいろなページにアクセスしてもらうためには、それぞれのページへの導線をできるだけ増やすことです。たとえば、アクセスが集まっているページに「このページを読んだ方は、こんなページも読んでいます」といった見出しで、ほかのページへのリンクを張ってみるのはどうでしょうか。おそらくクリックしてくれる閲覧者も出てくるでしょう。

ページへのリンクはタイトルと一緒に画像も用いるべき

すべての閲覧者がどのページとどのページを読んだのかなんてどうやって把握するんだと途方に暮れてしまう人もいるかもしれませんが、ブログのプラグインを導入すればそんなに難しいことではありません。アクセス解析の要領で閲覧者のアクセス先をデータベース化し、「このページを読んだ人は、このページも読む」というデータをリスト化して表示してくれます。
リストの表示先はコンテンツ横のメニューか、もしくはコンテンツ下部にすると閲覧者の目を自然な形で引きつけられるでしょう。また、ページタイトルだけではなくページに使われている画像をアイキャッチにして表示すると、内容をより推測しやすくなり、クリック率を上げられるかもしれません。

コーディングを行う際には、各ページで共通する部分だけを抜き出したテンプレートを作っておくと効率良く進められます。